ガリガリに痩せたい

ガリガリになりたい願望が強い方必見

女性なら誰もがスマートな美しい体型に憧れを持っていると思います。周囲からもうらやましがられるようなモデルのようなスタイルは永遠の憧れのスタイルといえるでしょう。

 

特に、ガリガリな体に痩せるのは、簡単にできることでないはずです。かなりの努力とリスクを有するものだと思うのはほとんどではないでしょうか。
その上、かなりきついダイエットをしないと無理という考えから、自己流の無理なダイエットをしてしまうと、ガリガリに痩せたのはいいですが、体を壊してしまっては、元も子もありません。

 

いろいろ試してがんばってはいるけれど、なかなか痩せる事ができないと、努力しても痩せないことに挫折感や苛立ちを味わっている人もいることでしょう。
そして、多くの人がダイエットに地道に挑戦しては失敗し、結果が出せないからとあきらめてしまうという経験を持っているようです。

 

がんばってダイエットしているのに痩せることができないという方は、以下のような疑問や悩みを持っていることと思います。

 

痩せるためにはどのようなメカニズムがあるか?

 

痩せるにはどうすればいいか?

 

太りにくい食べ物とはなにか?

 

生活習慣をどのように改善すればガリガリに痩せることができるか?

 

今までにいろいろなダイエットの方法を試してみたが、なかなか結果を出すことができなかったという経験をしている人は多いようですが、そのほとんどの人は、間違ったダイエット方法をしているからかもしれません。なぜダイエットの結果が出せないのか、その原因を知ることがダイエットの改善につながり、ガリガリに痩せる効果をだすことができるようになります。

 

今回は、ガリガリに痩せて美しい体型になりたいという方のために、ガリガリに痩せる方法10選をご紹介します。
今までさまざまなダイエットを試したが結果が出せなかったという方は、今度こそガリガリの体になれるように試してみてください。

 

体が痩せる原理について

痩せるための基本は消費カロリーを食べるカロリーより高くすることが必須ということです。

食べるカロリーを消費しきれないことが痩せにくい体を作ってしまうのです。

 

消費カロリーを上げるには運動することが必要です。しかし、運動すれば体を絞ることができるのかといえば、それほど単純なことではありません。
現代は飽食の時代と言われるように、食べ物に不自由することはないのでいつでも太れる環境ですが、その昔の人類は、空腹との戦いから始まっており、飢えに負けないための体に進化してきました。
そのため、痩せることを目的として食べる量を減らしていくと、飢えの状態になっていると体が判断していき、飢えに負けないように体が作用していきます。

 

そうするとカロリーを消費することによって飢えの状態になることを防ぐために人の体はカロリーを消費するのを抑えてしまうのです。
通常、人の基礎代謝は運動が5%の場合、その5倍となります。そうなると基礎代謝によって25%は消費されます。ですが、飢えの状態であると体が判断してしまうと20%も消費カロリーを抑えてしまうのです。

 

その上人間の体は生きていくために脂肪を蓄えるという働きをするため、少しでも食べることによって太ってしまうのです。
実は食べ物を減らすことが逆に太ってしまうという目的とは真逆の方向に進んでしまうようになるのです。

 

ガリガリに痩せることができる安全な薬10選

ダイエットの方法のひとつとして痩せ薬を服用することがありますが、日本は薬事法が厳しいため、効果が高い痩せ薬はあまり多くありません。痩せ薬は国内のものよりも海外で認可されたものを購入することをお勧めします。

 

国内のものとして、ダイエットサプリという薬とは表示されていないものもありますが、そのようなものを売っている業者からの購入は法に反する恐れがありますので、注意が必要です。
副作用が強いもの、ガリガリに痩せることができても、後で体の不調を訴えてしまうことになる場合もあるので、そのようなリスクが生じることも考えなくてはなりません。痩せ薬を購入する前にはあらゆる情報を収集して、信頼できる業者からの購入をすることが重要です。

 

今回ご紹介する痩せる薬やサプリメント、ドリンクは全部海外で認可されているものですので、安心して服用できるものばかりです。ですが、安全だからといって、また早く結果を出したいからといって必要以上に摂取することのないよう、用量用法を正しく守ることが大切です。

 

以下では、ガリガリに痩せる事ができる安全な薬を10選ご紹介します。

 

Blucky


Bluckyは「黒の痩身錠」としてネット上で話題のダイエットサプリです。
業界初の脂肪吸収因子増幅サプリとして臨床試験済みの安心、安全なサプリとして注目されています。

 

人気の秘密はなんといってもその効果が現れる速さにあります。短期で効果が現れるのが特徴で最短3日でなにもしなくてもただ1日に2粒飲むだけで効果が現れます。

 

人の体は誰でも脂肪を蓄積させる脂肪因子というものを持っていますが、Bluckyの黒の成分が脂肪吸着因子の餌になり、服用後30分くらいで体内で増幅が始まります。

 

丸3日かけて脂肪吸着因子が増幅していき、それと並行して脂肪溶解が開始されます。そうなると脂肪尿や便によって蓄積された脂肪が大量に排出されます。

 

ある一定の数までに落ち着くと因子が体になじみ、安定化の状態となります。そうなるとリバウンドのない半永久的にやせ続ける体に変わっていくことができます。
モニター試験では最高マイナス20kgの減量が実現したことが報告されており、

 

Bluckyに配合されている成分は、人が本来持っている痩身遺伝子の働きをより活発化させて血中の脂肪を溶かしていくステアリン酸カルシウムや、活性炭抽出物、脂肪の吸収をブロックする米酢粉末や米紅麹など多くの有効成分が配合されています。

 

今ならモニター試験と同等成分量が試せるお得な5個セットが29,800円で販売されています。まずは試してみてからという方には1袋2,980円の特別価格で購入することもできます。

 

 

メディブレイク


メディブレイクはダイエットサプリとして販売されている薬ですが、正しい用法用量を守って服用しないと体に良くない兆候が起こりやすくなるので単なるダイエットサプリとして服用しないように使い方には注意が必要です。

 

飲めば直ぐに効果が出るかといえばはっきり言ってそうではありません。効果を確かめるように少しずつ地道に摂取していき、時間をかけて自分の体に合っていることを確かめながら使っていく必要があります。

 

この痩せ薬は、確かに効果が出ることが話題となり、今では多くの海外のセレブたちが愛用しています。

 

海外で話題になったことで日本でも有名になり、日本の女優たちも芸能関係者からの紹介で愛用する人が増えております。

 

メディブレイクは深刻な肥満でお悩みの方向けの高濃度処方のダイエットサプリですので、使い方によっては思って以上に早く減量しすぎてしまう場合があり、体が危険な状態になってしまう恐れがあります。

 

こちらはメディブレイクのモニター調査を行った方の写真です。

モニターの21%が減量の範囲を超えてしまい、ドクターストップがかかりモニターを中止したという想像以上の結果が出たそうです。早く結果を出したいからと言って規定以上の量を摂取しないように注意して、体重のチェックをこまめにしながら少量ずつ摂取するようにしましょう。

 

通常価格は12000円ですが、現在は試験モニター価格としての限定価格2980円で提供されていますので、どなたでも気軽に購入できる価格となっています。
一度に大量を飲むと、体を壊してしまう危険があります。無理に服用せずに少量ずつ体の状態に合わせて、なるべくペースをゆっくりと使うことをお勧めします。

 

 

Pult


Pultは肥満に悩む方のため、肥満外来専門家により重度肥満者のデータを分析して開発された痩身サプリです。どのようにすれば早く効果を実感して痩せることができるかの研究を重ねて開発されました。

 

簡単にダイエット効果が現れることからたちまち話題となり、モデルや女優の間にも広まるようになりました。

 

Pultには体内に蓄積された脂肪を強力に燃焼させる力のある特殊な乳酸菌とカプサイシンが配合されています。その他にも中性脂肪や糖の吸収を抑えて脂肪を代謝させるために必要不可欠なミネラルの吸収を高める働きのあるデキストリンや、糖の吸収をおさえて血糖が上昇するのを防ぐ水溶性食物繊維が含まれています。これらの成分により効果が効きすぎると言われるほどの成果が出ています。

 

Pultはヨーグルト味で飲みやすいタブレットです。くれぐれも過剰に服用しないように注意しましょう。

 

 

カロス・バーン


カロス・バーンは1年間にのべ10,000人以上の重肥満患者が受診するタイのヤンヒン病院認定のホスピタルダイエットとして開発された限定処方減量剤です。

 

紫亜処方減量液PX-12という成分が含まれており、日本の製薬メーカーがこの成分を用いた肥満者104名による臨床試験を行ったところ、痩身率100%という結果が出ました。

 

ところが紫亜処方減量液PX-12は非常に特殊な液体であるため安全な供給や大量生産が難しいという問題が生じていました。そこで大手製薬会社の独自特許技術で度重なる臨床試験を行いタブレット錠剤に濃縮配合することに成功したのです。

 

安定供給を可能にしただけでなくタブレット錠剤にしたことによって、水無しでなめるだけで3秒後には口内から体内へ成分が侵入し、液体時の何倍もの成分が濃縮されているため飛躍的に高い痩身効果が実証されました。

 

カロス・バーンは独自の配合の開発によりダイエットのポイントになる食欲抑制、吸収阻害、毒素排出、脂肪燃焼の4つの段階のすべての効果が現れるので、お試しいただいた方が誰でも痩せることができるようになります。

 

カロス・バーンは痩身機関にて使用されている痩身液の中でも最も強力とされる複数の痩身成分を組み合わせた紫亜処方減量液PX-12が含まれており、効果が強すぎるため10kg以上の減量に問題のある方が服用することは非常に危険です。

 

あっという間に減量してしまうので、過剰摂取は禁物です。痩せすぎにより健康被害が出たとの報告もありますので、服用には十分注意が必要です。

 

カロス・バーンは今なら10個セットが送料無料でお得に購入ができますので、公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

アメージングミックス


アメージングミックスは販売期間も古くからあり、もっとも売れ筋の高い商品となっています。

 

最初の頃はセレブの間で評判となっていた商品でしたが日本で販売開始後、瞬く間に評判が広がり今では有名女優など芸能界を中心とした女性たちに愛用されています。
日本では販売当初から芸能事務所から注目されていましたので、モデルが所属している事務所を中心にまとめ買いされてしまったせいもあり、初回生産の10000個が5日で完売するという予想をはるかに上回るスピードで品薄状態となりました。

 

気になる配合成分ですが、「ココナッツオイル」「酵素」「スピリナ」といった健康成分が配合されていますので、安心して気軽に購入できると好評のようです。

 

アメージングミックスの価格は2,970円で1ヶ月お試しいただけるので、お手ごろ価格で購入することができます。

 

 

アクシオンズ

アクシオンズはメキシコで重度の肥満解消の痩せ薬として開発された肥満専用のサプリメントを日本人向けに再開発されてダイエットサプリです。肥満体型の人でも確実に痩せるようにしっかりと脂肪燃焼してくれるので、痩せにくいという方でもお使いいただけます。
確実にやせることができる分、間違った用法で服用すると危険が伴うことがあるので、注意が必要です。

 

こちらに掲載されている女性は、注意事項を守らず過剰にアクシオンズを10日間服用し続けていた方の写真です。海外で用法用量を守らなかった結果このような姿になったようです。
アクシオンズは用法用量正しく守らないと逆に危険が伴います。ガリガリの体型になりますが、今度は太らない体質になり、元の標準体型に戻りにくくなってしまいます。
アクシオンズには、体脂肪減少をサポートし筋肉を増加させる効果のあるシトラスアランティウムと、整腸作用に優れており善玉菌を増殖させる有胞子性乳酸菌という成分が含まれています。この2つの成分が脂肪除去の手助けをしてくれます。

 

現在は特別価格として1ヶ月分のお試し価格の2,980円で販売されていますが、人気商品のため品薄状態となっており、入荷予定は未定となっています。

 

ボルテックスパワー

ボルテックスパワーは、有胞子性乳酸菌ボルスポアという菌が配合されているダイエットサプリですが、最強の痩身菌のため、過剰摂取によって痩せすぎてしまう危険性があります。

 

過剰摂取禁止という警告が書かれているように、過剰摂取により痩せすぎてしまう恐れがあることから、機能性表示食品に登録されていなかったという経緯がある製品でもあります。

 

摂取の方法によっては効果が効き過ぎるという経緯があることから、店頭販売が禁止されている製品です。

 

有胞子性乳酸菌ボルスポアとは、痩せすぎてしまうという最強の菌でありますが、その特徴は体内に留まる時間が脂肪を吸収する為にとても長いということです。

 

体内に取り込まれた成分というのは、通常は半日〜一日で体内に吸収されるものです。ところがボルスポアは、1週間もの間体中を駆け巡りながら余分な脂肪を全部吸収してくれるのです。そして1週間後には贅肉となってしまった余分な脂肪を全部排出するのです。結果的には1週間の間に10キロダイエットに成功できるという驚異的なスピードで結果が出るのです。

 

ボルテックスパワーには有胞子性乳酸菌ボルスポアの他にもダイエットに効く特殊成分が配合されています。ケフィア、明日葉エキス末、モリンガ、難消化性デキストリンを配合し、脂肪燃焼や排出はもちろん、リバウンドも防ぐ効果があるのです。

 

このように、ボルテックスパワーには有胞子性乳酸菌ボルスポアという最強の痩身菌を筆頭にダイエットに効く特殊成分が配合されていますので、予想以上に痩せすぎてしまう恐れがあります。

 

ボルテックスパワーはダイエットサプリとしてのその最強パワーが話題を呼び、情報番組やSNSなどで大きく取り上げられています。今大活躍中の藤田二○ルさんも愛用されていることも紹介され、有名になりました。

 

早くダイエットの結果を出したいという方は、このボルテックスパワーを是非お試しいただき、その即効性を体感してみてはいかがでしょうか。

 

※こちらの商品はテレビ番組やSNSで話題になってから、パッケージや商品名、効能などの類似品が多く出回るようになっております。また、人気急上昇のため、ダイエットを試みる方々が間違えて類似品を購入してしまう可能性もあります。

 

こちらの商品は、購入ページのみでも専売商品です。最近間違えて類似品を購入される方が増えておりますので、お気をつけ下さい。

 

リデュース

リデュースは肥満治療薬『リダクティル』のジェネリックで、食欲を抑えることができるダイエットサプリです。

 

この薬を使うと通常の食欲よりも半分近くまで抑えることができるので、食事を少しの量にするだけでも満腹感得ることができます。

 

無理なく食事の量を減らすことができて肥満を抑えることができるので、画期的な薬として注目を集めている痩せ薬です。

 

リデュースにはジブトラミンという成分が含まれていますが、食欲を抑えるセロトニンの働きを制御する役割を持っており、ルノアドレナリンの働きに影響を及ぼし代謝を活発にするので、脂肪燃焼しやすくなります。この薬は体に与える負担が一般的に使用されているダイエット薬よりも少なくて済むので、普段の食事の量を減らすことをお考えの方には是非おすすめしたいダイエットサプリです。

 

副作用の心配はありませんが、個人差があり、便秘、食慾不振、不眠、倦怠感といった副作用が稀に出る場合がありますので、自分の体に合った服用のし方で無理のないダイエットをしましょう。

 

BOTANIX CUT

BOTANIX CUTは米国政府とNASAの共同開発により完成したといわれるダイエットサプリです。アメリカの深刻な肥満問題の解決のために開発されました。元アメリカの大統領オ○マさんが開発施設を視察されたことで全米で話題となった信頼ある痩せる薬です。

 

ただ、気をつけていただきたいのがこの痩せ薬は脂肪細胞種を消滅させる成分が配合されています。そのため用法用量を正しく守らないと強い副作用が起こる可能性があります。

 

飲むだけで有効成分が体内の脂肪をすべて溶かし、脂肪細胞を完全死滅させるという肥満者の方々の長年の夢を叶えることができる痩せ薬です。ただし、この成分は間違った服用をしてしまうと太れない体になってしまう恐れがあるため、日本では薬事法で認められていません。
肥満患者の多いアメリカでは100kg以上あった方が1ヶ月足らずで50kg強の体重の減量に成功した例があるくらい、強力なダイエットサプリメントです。

 

日本人女性が服用した場合、約1ヶ月の服用で予想通りの減量ができることは間違いないと言えます。
約2週間でも最低、体重を10 kg 痩せることができます。

 

一刻も早く痩せたい。肥満体型からガリガリに変身したいという方は是非一度お試しください。

 

全米で大ヒットのBOTANIX CUTは多くの有名人たちが愛用しており、アンジェリーナ・ジョリーやクリスティーナ・アギレラといった大物ハリウット女優や海外セレブレティーたちがこぞって愛用している大人気ダイエットサプリです。
用法用量を正しく守っておけば確実に痩せることができ、特別な運動や食事制限をする必要もありません。

 

利用者の口コミが驚きの結果に満足しているものばかりなので、「飲んでいるだけで本当に自然に痩せることができるのか」と思う気持ちになるのもわかります。まずは1ヶ月間お試しで服用してその効果を実感していだだきたいです。

 

BOTANIX CUTは1袋1か月分で60錠入りです。現在、期間限定の特別お試し価格として2,980円(税別)にて提供しています。

 

間違った服用の仕方をしなければ、こちらの日本人女性の写真のように安全にきれいなプロポーションになることができます。

 

絶対にガリガリに痩せた体になりたいと思う方は是非BOTANIX CUTでその夢をかなえてください。

 

ゼニカル

ゼニカルはダイエットピルと呼ばれる薬ですが世界一安全と言われるほど信頼のおける薬です。

 

油分を摂ることで脂肪が増えて太ってしまうのですがゼニガルは食べ物で摂った油分を腸内で吸収させないので、食べた脂分を全く摂取しないのと同じ状態になり、結果太らなくなるのです。ゼニカルにはリパーゼという脂肪分解酵素の働きを無効化させる力があります。

 

ゼニカルを使うことによって摂取した油分の約30%が体外にそのまま排出されます。

 

体に油を吸収させるのを極力抑えることができることでダイエットにはその効果が期待できるのですが、残念ながら日本では承認されていない薬ですので、入手するのは容易ではないようです。

 

ガリガリに痩せる方法10選

なんとかしてガリガリに痩せて周りの人を驚かしたいけれど、どうしたらやせることができるだろうかと考えたりすることはないでしょうか。

どうせ痩せるなら人に気づいてもらえるくらいガリガリに痩せてみようと思ったりする方も多いようです。

 

ですが、効率的に痩せることはなかなか難しいと思うことが多いことでしょう。

 

以下ではガリガリに痩せる方法10選をこまかく具体的にご紹介します。

 

血行を良くするマッサージ

ガリガリに痩せたいのならお風呂でのマッサージをすることをおすすめします。
普通やせたいと思ったら運動に精を出す人もいるようですが、運動することによって筋肉がついてしまいムキムキな体つきになってしまう場合があります。
ガリガリに痩せるには、お風呂でのマッサージを行うことが必要です。マッサージは代謝が上がり血流を上げるので筋肉がつく訳ではありません。

 

マッサージの他には温泉の元を使ってみることもおすすめします。

 

せっかくガリガリに痩せることができても血流が悪くなる場合があるので、マッサージで血流を上げるようにすると良いでしょう。

 

繊維質を優先的にし、炭水化物や脂質を控えて食べる

炭水化物や脂質はダイエットには禁物です。ガリガリに痩せたいのであればこれらは極力控えるようにしましょう。

 

かといって何も食べないわけにはいきませんので、繊維質を摂るようにすると良いでしょう。繊維質のある食べ物でおすすめはこんにゃく、きのこ、ごぼう、セロリといったものです。カロリーが低く、腸内環境を整えてくれますのでこれらの食物繊維のある食べ物で空腹を紛らわせましょう。そうすることで余計なものを食べることを防ぐことができます。

 

ガリガリに痩せたいという方には是非おすすめです。

 

カロリーの吸収率を左右するため食べる順番を見直す

ダイエットをするためには食べないことが基本と思いがちですが、実は食べて痩せるというダイエット方法もあり、失敗しないダイエットを行うためにはとても大事なことになります。

 

毎日の食事でカロリーオーバーや逆に少なすぎたりする場合は食生活を見直すことが必要になります。そうでない人でも食べる順番は実は重要なことなので見直すことが大事になります。

 

食べる順番で、まず一番なのが汁物になります。その次は食物繊維の多いものになり、そのつきが野菜や果物を食べると良いでしょう。
その次は肉や魚といったたんぱく質が多いものを選びましょう。

 

最後にご飯や麺といった炭水化物を摂るようにしましょう。
この順番どおりで食べていくとカロリーの吸収率が大きく変わりますので、食事制限を無理にすることなくても効果が期待できます。

 

意識しながら食べる順番を変えていくようにしましょう。

 

適度な運動で代謝を上げる

痩せるためには脂肪を減らすことが必要ですがそのためには運動することが不可欠になります。

 

ですが、激しい運動をしなければガリガリに痩せる事ができないのかといえばそうではありません。

 

確かに運動で脂肪を減らすことはできますが、激しい運動をする分食欲も増しますのでその分食べる量が必要以上に増えてしまうのです。

 

また、激しい運動をすることによって筋肉がつきやすくなり、見た目がたくましくなってしまう場合もあります。
基礎代謝を上げることがガリガリに痩せるための運動の目的となります。決して無理して激しい運動をせずに適度な運動で効率よく代謝を上げて余分な脂肪を落とすことを目指していきましょう。

 

適度な運動とはヨガやストレッチなどが挙げられますが、そのような体に与える負担の少ない運動を毎日続けて行うことが痩せていくためのポイントになります。

 

1日の水分補給量をしっかり決めておく

体の不要なものを外に排出するためには水分を摂ることはとても必要なことです。ですが、ダイエット中の人は水分を普段よりも多く取るようになるので、水分を余計に体にためてしまう人が多いようです。

 

人体の60%以上は水分であり、水分は人間の体にとって必要不可欠ですが、摂りすぎても少なすぎてもいけません。

 

水分補給をきちんとしておくことはダイエットの基本です。ガリガリに痩せたいのであれば水分を多めに取ることも少なく取ることも効率よくやせることができなくなります。
一日の水分補給量はきちんと決めておくことが大切です。2リットル前後を目安にして毎日の補給量を決めておくとよいでしょう。

 

また、水分は補給は必要ですが排出も大切です、効率的に排出するのが良いので、ぬるま湯での30分程度の半身浴でたっぷり汗をかくなどするのも良いでしょう。

 

炭水化物の摂り過ぎにご用心

食事の主食はパンやご飯といった炭水化物を摂る方がほとんどだと思いますが、炭水化物はガリガリに痩せたい人には不向きです。

 

また、炭水化物はダイエット食として使われる春雨や、イモ類などの野菜にも炭水化物を多く含んでいるものがあります。

 

炭水化物はガリガリに痩せたいのであれば摂らない様にしなければいけません。炭水化物を摂らなくなると脂肪が一気に落ちて、ガリガリに痩せることができます。炭水化物を摂取しない時間が長ければ脂肪が取れていきます。ですが、注意していただきたいのが炭水化物は体にとっては絶対的に必要なものなので極端に摂取しないと帰って危険です。

 

炭水化物が不足した場合、集中力がなくなってしまうので、仕事に影響を及ぼす可能性があります。炭水化物は最初から排除するのではなく、少しずつ控えていくのが良いでしょう。

 

結果、ガリガリに痩せる事ができても後で炭水化物を摂りすぎてしまうと一気にリバウンドしてしまう恐れがあるので、ダイエット後も注意が必要です。

 

週に3回ほど断食を試す

確実に痩せるには食べないことが一番です。ですが何も食べずに毎日を過ごすことは体を壊すことにもなりますので、週3回断食をしてみるのがよいでしょう。

 

仕事のある日には断食してしまうと仕事に支障をきたしてしまうかもしれませんので、休みの日を中心に、金土日を断食の日にするなど生活リズムに合わせて断食の日を決めておくのがよいでしょう。

 

他の4日は断食の日ではないからといってたくさん食べてもいいというわけではありません。断食の日以外はカロリーの低いものを中心に、特に食物繊維の多いものを優先的に食べるようにしましょう。

 

断食することによって体は食べ物を要求します。そのときに食欲に負けて食べ過ぎてしまうと一気に太ってしまいますので断食が逆効果にならないように注意しておきましょう。

 

代謝を良くする為、腹を冷やさない

ダイエットの成功へのカギは継続できるかどうかにかかります。

 

継続させることは簡単なようで実は難しいことです。いかにダイエットを習慣化させることができるかがダイエットの結果を左右していきます。

 

また、お腹を冷やさないこともダイエットの秘訣といえます。冷えは基礎代謝を後退させてしまい痩せにくい体になってしまいます。お腹を冷やさないようにして代謝をよくすることと、腸を活発化させることがガリガリに痩せた体へとつながっていけるのです。

 

体を冷やさないことも習慣化させていきましょう。

 

生活習慣の改善をする

ガリガリに痩せたいからといって無理なダイエットをするようなことは禁物です。

 

早く痩せたいからといって急に食事の量を減らしたりきつい運動を行って急激に体を絞ることができても、体は飢餓状態となっていますので、ダイエットを止めた途端にあっという間にリバウンドしてしまい、元の体型どころかそれ以上太ってしまう可能性があります。

 

ダイエットをするにはペースを適正に行うことが大切です。体重はそれぞれ違いますが落とす量は月に1〜2キロ程度が理想です。それ以上落としてしまうと体が飢餓モードになってしまいリバウンドしてしまう可能性があるので注意しなければなりません。

 

一気に体重を落としたからといって喜んでばかりはいられません。ひと月に1キロ減れば十分と思うくらいの気持ちで焦らずにダイエットをしましょう。

 

自律神経を乱すことなく健康的に痩せる事が理想的な痩せ方になります。

 

健康的に良い物を食べる

ダイエットしているときも食事をすることは重要ですが、ダイエットに向き、不向きな食べ物をきちんと把握しておくことも大切です。

 

野菜は食べても太らないですし、ナッツ類やドライフルーツはバランスのよい健康的な食べ物がおすすめ食です。カロリーや油が多いものはあまり多くとらないように気をつけながらほどほどに摂るようにすれば良いでしょう。

 

ダイエットに励んでいるのに全く効果がない根本的な5つの問題

ダイエットのためにひたすら努力し続けているのに、全く効果が現れないのが悩みという方も多いのではないでしょうか。

 

その原因は努力していることにあること気づかなければなりません。痩せる事ができない根本的な原因を知ることで、ダイエット方法を改善していく道が開けていくようになります。

 

努力しているのに報われない原因とは何か。その根本的な問題について5つご紹介します。

 

痩せなきゃいけないという思い込みを持つ

ダイエットに挑戦をし始めると痩せなきゃいけないという思い込みが強くなっていくようになります。

 

そうなるとストレスが強くなってしまい結果ダイエットの失敗につながってしまいます。
ストレスは強くなるほど脳へ影響を及ぼしていきます。

 

脳が悪影響を受けたことによって体が飢餓状態であると錯覚し始め、脂肪をためこむように指示を出します。

 

また、ストレスによって自律神経の乱れてきますので、次第に暴飲暴食になってしまいがちになります。

 

油を摂取することを露骨に避ける

油はダイエットの敵といわんばかりに油を摂取することを露骨に避けようとする人も多いようです。
ですが、油も質の違いによってはダイエットに効果のある場合もあります。
当然質の良い油はダイエット中でも摂取に問題はありません。

 

良質の油を摂取することによって基礎代謝を上げることができるので、オリーブオイルや胡麻油、亜麻仁油、えごま油といった良質な油を積極的に摂ることをおすすめします。

 

なるべく火を通さずに生で摂取するのが良いでしょう。

 

生で摂取するにはサラダなどにかけるドレッシングや、出来上がった料理に適量を垂らして食べるといった摂取の方法もありますので、工夫してみてください。

 

肉を極端に控えすぎる

肉を食べることはダイエットには禁物という考え方をもつ方も多いようです。

 

肉は脂の部分は避けたほうが良いのですが脂の少ない部分は代謝を上げてくれるのでダイエット中に食べても大丈夫です。おすすめなのは、L−カルニチンという成分が多く含まれた牛肉の赤味です。

 

L−カルニチンは牛肉、羊肉、豚肉、鶏肉の順に多く含まれています。それを考慮しながら赤味の肉を食べるのがいいでしょう。肉には代謝をあげる成分だけでなく、筋肉や臓器を作るために欠かすことのできない良質なたんぱく質が含まれています。

 

ダイエットには運動は欠かすことはできません。運動することによって疲労した筋肉のために、たんぱく質を補うことはとても重要になるのです。

 

ゼロカロリーが絶対いいと思い込む

最近はゼロカロリーの食品が多くなってきましたが、ゼロカロリー食品だからといってそればかりに頼るのは禁物です。なぜならそれらに栄養があるとは限らないからです
また、カロリーを抑えすぎてしまうと消化や代謝が落ちてしまうというリスクもあります。
カロリーによって体は熱を生み出していきます。体に熱がないと基礎代謝が落ちてしまい、次第に体が冷えてしまいます。

 

人の体は冷えてしまうと脂肪を蓄えようとします。なのでゼロカロリーに頼りすぎるとかえって脂肪が増えて、脂肪が落ちにくくなる恐れがあるので、注意しなければなりません。

 

ゼロカロリー食品をとることは決して悪いわけではありませんが、そればかりに意識して獲ることのないよう、栄養のバランスを考えながら摂取したほうがダイエットの効果が出やすくなります。

 

米はパン食よりも太ると誤解している

米を食べると太りやすくなると思っている人は多いようです。

 

パンの方が、太りにくいと誤解している人が多いようですが、米のほうがパンよりも消化がいいので、パンのほうが太るのです。
日本人の胃腸には米はとても合っており、パンは米よりも分解が遅く、そのせいで便秘になりやすくなるという問題点があります。もともと外国の食べ物なので日本人の胃腸にはどちらかといえば不向きなのです。

 

昔から日本では米が主食であったように、日本人には米は必要不可欠な食べ物といっても過言ではありません。パン食にするだけで腸内環境が悪くなってしまう可能性もあるので、代謝も悪くなり、健康にも悪影響を及ぼすこともあるのです。、

 

まとめ

当ページでは、ガリガリに痩せる方法10選をこれまで述べてきました。

 

  • 血行を良くするマッサージ
  • 繊維質を優先的にし、炭水化物や脂質を控えて食べる
  • カロリーの吸収率を左右するため食べる順番を見直す
  • 適度な運動で代謝を上げる
  • 1日の水分補給量をしっかり決めておく
  • 炭水化物の摂り過ぎにご用心
  • 週に3回ほど断食を試す
  • 代謝を良くする為、腹を冷やさない
  • 生活習慣の改善をする
  • 健康的に良い物を食べる

 

ガリガリに痩せる方法は様々ありますが、自分の体に合ったやり方で、決して無理をせずにすることが大切です。ガリガリに痩せる事ができたとしても、やり方次第では体を壊してしまうこともあるからです。

 

危険を承知で痩せたいがために無理なやり方を選択してしまう人もいるようです。
ですが体を壊してしまえば元も子もありません。

 

健康を害することなく安全なやり方を選択して、万が一からだの調子が悪くなったときは医師に相談をしながら決して無理をしないように心がけてガリガリの体を目指していきましょう。